新着記事

古典~現代短歌

【小手毬】『4選』知っておきたい古典~現代短歌!

中国原産のバラ科シモツケ属の落葉低木。別名、スズカケ。中国名は麻葉繡球。日本では中国から渡来し、江戸時代初期から観賞用に栽培されてきました。帰化植物。4、5月頃、白色五弁の小花が、毬のようにかたまって並びます。
古典~現代短歌

【ニセアカシアの短歌】『7選』知っておきたい古典~現代短歌!

ニセアカシアは北アメリカ原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。和名はハリエンジュ。 花は甘い香りがし虫も沢山寄ってきます。蜜は「アカシアの蜂蜜」として売られています。また花房状に咲く白いの花は天ぷらにして食べることができます。花を酒につけ込んでアカシア酒、蜂蜜王国の長野県では74%の蜂蜜がハリエンジュ(針槐)の花から生産されています。
地域ニュース

西蒲区の観光スポットをめぐる『にしかん観光周遊ぐる~んバス』が楽しい

4月27日(土)~ 10月27日(日)までの土、日、祝日のみ運行しています。岩室温泉、新潟ワインコースト、彌彦神社などを周ります。左回り、右回りともに4便づつ、1日8便運行しています。
古典~現代短歌

【風の短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

地球には気圧があり、大気は気圧の高いところから低いところへ向かって流れます。風は、押す力が強い空気(気圧が高い)と押す力が弱い空気(気圧が低い)がぶつかることで発生します。気圧差が大きければ大きいほど風が強く吹きます。気圧差は、低気圧が発達することなどで生まれます。風が様々なものを動かす時、風が見え、木の枝などが揺れて音が生じたとき、歌が生まれます。
スポンサーリンク

古典~現代短歌

古典~現代短歌

【小手毬】『4選』知っておきたい古典~現代短歌!

中国原産のバラ科シモツケ属の落葉低木。別名、スズカケ。中国名は麻葉繡球。日本では中国から渡来し、江戸時代初期から観賞用に栽培されてきました。帰化植物。4、5月頃、白色五弁の小花が、毬のようにかたまって並びます。
古典~現代短歌

【ニセアカシアの短歌】『7選』知っておきたい古典~現代短歌!

ニセアカシアは北アメリカ原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。和名はハリエンジュ。 花は甘い香りがし虫も沢山寄ってきます。蜜は「アカシアの蜂蜜」として売られています。また花房状に咲く白いの花は天ぷらにして食べることができます。花を酒につけ込んでアカシア酒、蜂蜜王国の長野県では74%の蜂蜜がハリエンジュ(針槐)の花から生産されています。
古典~現代短歌

【風の短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

地球には気圧があり、大気は気圧の高いところから低いところへ向かって流れます。風は、押す力が強い空気(気圧が高い)と押す力が弱い空気(気圧が低い)がぶつかることで発生します。気圧差が大きければ大きいほど風が強く吹きます。気圧差は、低気圧が発達することなどで生まれます。風が様々なものを動かす時、風が見え、木の枝などが揺れて音が生じたとき、歌が生まれます。
古典~現代短歌

【酒の短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

3世紀の魏志『倭人伝』に「人性酒を嗜む」とあるからして、日本人が古くから酒を楽しんでいたことがわかる。その割に『酒』のつく詩歌は思ったより少ない。元来、酒は神に供えるものであった。その酒を宴席でふるまったのだそうだ。生活の中の酒では大伴旅人の『万葉集』に登場する有名な「賛酒歌」がある。

花 flower

花 flower

リューコスペルマム エレベッセンス Pincushion|かんたん花事典

南アフリカ原産の非耐寒性常緑低木です。まち針がたくさん刺さっているピンクッションような姿の花です。耐寒性がなく、夏の高温多湿が苦手なため、日本の気候で育てるにはコツがいるようです。花持ちが良いため、切り花やドライフラワーとして楽しみ方が人気です。
花 flower

シモツケ(下野)Japanese Spiraea|かんたん花事典

山野や林道の脇などに生えている日本、朝鮮半島、中国に分布する落葉低木。中国名は繍線菊(シュクセンギク)。日本では下野国(栃木県)で最初に見つけられたことから「下野」と名づけられました。花色や葉色が変わった園芸品種が多数あり、人気も高く、庭木や公園樹として植えられています。観賞期間も長く、育てやすい花木です。
花 flower

ヒッペアストラム(アマリリス)Amaryllis|かんたん花事典

ヒッペアストラムは、現在アマリリスという名の方が定着していますが、かつてアマリリス属に分類されていたことからきています。 中輪、大輪のユリに似た美しい花を咲かせる春植え球根植物です。つぼみの時は上を向いていて、花が咲くころに横向きになります。原種はほとんど出回らず、交配された園芸品種が多数出回っています。品種により上向き咲きや、八重咲き種などもあります。
花 flower

ホオベニエニシダ (頬紅金雀枝)Scotch broom|かんたん花事典

鮮やかな黄色が特徴的なエニシダ。ホオベニエニシダ (頬紅金雀枝)は細い枝を多数伸ばして、黄色い蝶形の花弁に赤斑が入った花を咲かせます。初心者でも比較的育てやすいです。満開の時期になると、花からとてもいい香りがします。

草花と植物の民間療法

草花と植物の民間療法

【民間療法】漢方医学や西洋医学との違いは?

近代医学も漢方医学も民間療法から生まれてきたものです。 いつ頃、誰がどういう風にして見つけたのは不明ですが、経験を元にして代々伝わってきたものが最も多く、ある地方などの共同体の中で代々受け継がれてきたもの、また、ある家族の秘伝のように使われているものが伝わってきたと考えられます。
草花と植物の民間療法

【クコ】効果!長寿のお茶で有名。強壮薬としても活用!

クコは中国名で枸杞といいます。本州から四国,九州,沖縄の人家周辺の道端や海岸や堤防などに自生するナス科の落葉樹木です。成長が非常に早いので庭植えにも適します。枝は細く、とげ状の小枝もあり、葉は厚く柔らかく集まってつけます。花は淡紫色をつけ、果実は楕円形で橙赤色く熟します。
草花と植物の民間療法

【イカリソウ】効果!羊から教えてもらった強壮薬。

イカリソウは、主に平地から亜高山帯の落葉広葉樹の森林で見られるメギ科の多年草で、花の形が錨いかりに似ているため、そう名付けられたと考えられます。葉も二回三出複葉の独自の美しさがあります。漢名は淫羊藿(いんようかく)といいます。
草花と植物の民間療法

【しじみ】効果! 肝臓機能を高める天然タウリン。

しじみには、うま味成分のコハク酸、肝臓の働きを助けるオルニチン、疲労回復効果のタウリンなどと、ビタミンB12も多く含まれています。とくに肝臓に良いとされています。 肝臓は消化器官の中で最も大きな臓器で、脂肪の消化を助ける胆汁を分泌したり、毒素を取り除くなど、多様なはたらきをしています。

雑学

雑学

【免疫機能】食事から改善して老化を防ぐ方法。4選!

免疫とは病気から体を守る体内の仕組みのことです。免疫の機能が落ちると異常化した細胞に健康な細胞が負けてしまい、病気を発病したりアレルギー症状が出やすくなったりします。免疫機能を上げる食生活の改善方法を4つ紹介します。
雑学

弥彦菊まつりに行ってみた!【新潟県菊花展覧会】画像

新潟県菊花展覧会(菊祭り)は今年で60回の節目を迎えるそうです。気候も良く、鑑賞日和が続いているようです。無事故で11月24日(火)を迎えることを祈ります。 せっかく、写真を撮りまくったので掲載します。
雑学

弥彦菊まつりに行ってみた!【新潟県菊花展覧会】③

弥彦公園、もみじ谷の紅葉、菊祭りの菊は素晴らしいものばかり。 街道、駅、商店街、見渡せば至る所に菊が並んでいる。
雑学

弥彦菊まつりに行ってみた!【新潟県菊花展覧会】②

彌彦神社境内で開催される新潟県菊花展覧会「弥彦菊まつり」は県内外の菊愛好家が丹精込めて育てた、質、出品ともに優れた大展覧会。 昭和36年(1961年)から始まった展覧会は、1年間、愛好家が丹精を込めた作品が審査、出展されます。 また、毎年テーマを変えた大風景花壇は圧巻です。
スポンサーリンク