植物と短歌

植物と短歌 植物と短歌

花や植物を詠った古歌、短歌の紹介

古典~現代短歌

【酒の短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

3世紀の魏志『倭人伝』に「人性酒を嗜む」とあるからして、日本人が古くから酒を楽しんでいたことがわかる。その割に『酒』のつく詩歌は思ったより少ない。元来、酒は神に供えるものであった。その酒を宴席でふるまったのだそうだ。生活の中の酒では大伴旅人の『万葉集』に登場する有名な「賛酒歌」がある。
古典~現代短歌

【霞草の短歌】『4選』知っておきたい古典~現代短歌!

霞草(かすみ草)は、ナデシコ科、カスミソウ属の花で、地中海沿岸からアジアにかけて120種ほどが存在しています。英名では「Baby's breath(赤ちゃんの吐息)」と呼ばれています。 5月~7月にふわふわとした小さくて可愛らしい花を咲かせます。花の色は白色が有名ですが、ピンク色の品種も存在します。花壇は勿論、切り花や鉢植えにも似合います。
古典~現代短歌

【ダリアの短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

ダリア(学名:Dahlia)は、キク科ダリア属の多年生草本植物。メキシコ(グアテマラ)の高原地帯が原産地で、日本には1841年にオランダから渡来。 ダリアは、豪華で力強く咲く大輪種から、優雅な中輪種や可憐な小輪種など、品種が非常に多いです。花形のタイプによって、代表的なデコラティブ咲き、弁先が細長くなるカクタス咲きなど、10数種に分類されます。 ダリアの開花時期は6月中旬から11月にかけてですが、日本の夏は高温すぎるため、8月は咲きにくく、9月以降に花をつけるものが多く見られます。
スポンサーリンク
古典~現代短歌

【曼珠沙華(彼岸花)の短歌】『7選』知っておきたい古典~現代短歌!

ヒガンバナ科ヒメノカリス属の半耐寒性球根植物。西インド諸島が原産で、熱帯や亜熱帯で観賞用に広く栽培されています。日本には中国から渡来。彼岸花は「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」とも言われ、サンスクリット語で天界に咲く花という意味です。カミソリバナ、シビトバナの異名を持ち、短歌作品においても、しばしば異世界の象徴と表現されます。
古典~現代短歌

【ケイトウ(鶏頭)の短歌】『6選』知っておきたい古典~現代短歌!

鶏頭は、インドや熱帯アジアを原産とするヒユ科ケイトウ属の草花です。花の形が鶏のトサカに似ていることから「鶏頭」と名付けられました。特徴はベルベットのようなあたたかみのある質感。赤やピンク、黄色など、様々な花の色がある。暑さには強く、寒さには弱い。
古典~現代短歌

【柚子の短歌】『6選』知っておきたい古典~現代短歌!

中国原産の柑橘類。ミカン科、ミカン属の小高木。柑橘類のなかでも耐寒性が強く、広い地域で栽培が可能です。緑色の未熟果のうちから料理の香りづけなどに使用できる。また、果汁だけでなく皮まで無駄なく活用できる柑橘類で、料理からお菓子、飲み物まで幅広く使われています。冬至の日に入る柚子湯などにも活用されてます。花期は4~5月。果実は10~12月。
古典~現代短歌

【綿(棉)の短歌】『3選』知っておきたい古典~現代短歌!

アジア、中南米原産アオイ科、ワタ属の一年草。ワタ属は世界で約50種が知られる。 日本には奈良時代に渡来し綿毛を繊維として利用するため栽培される。種実から取られた綿実油は、食用油として利用される。工芸作物として重要度の高い植物で、切り花やドライフラワーなど観賞用として人気があります。
古典~現代短歌

【睡蓮と未草の短歌】『14選』知っておきたい古典~現代短歌!

睡蓮はスイレン科の多年性水生植物。 対寒性と熱帯性に分かれ5月中旬~10月にかけて開花します。睡蓮の葉は円形で、切れ込みがあり、艶があります。花は水面上に咲き、花托がなく、細長い花びらが特徴です。 日本に自生するヒツジグサは対寒性で7月~10月に白い花を咲かせます。葉は褐色で斑があります。
古典~現代短歌

【ムクゲ(木槿)の短歌】『9選』知っておきたい古典~現代短歌!

ムクゲは中国など東アジア原産の落葉低木。暑く花の少ない季節に、次々と大きな花を咲かせます。別名ハチス。木はちす、花木槿とも呼ばれます。韓国の国花。 花の形は一重と半八重、八重など。葉は厚みが薄くひし形で、大きめの鋸歯があります。耐寒性が強く、冬は落葉して越冬します。
古典~現代短歌

【ススキ(芒、薄)の短歌】『15選』知っておきたい古典~現代短歌!

イネ科の多年草で、山野の限らず、高原、草原、道端、空き地などでも見ることができます。 漢字の「薄」「芒」はいずれも「草むら」を意味します。秋の七草の一つで、群生して風になびく様は秋の風物詩です。広く分布している分、変化に富んでおり、斑入りや矮性など多数の園芸品種があります。  
スポンサーリンク