古典~現代短歌

【小手毬】『4選』知っておきたい古典~現代短歌!

中国原産のバラ科シモツケ属の落葉低木。別名、スズカケ。中国名は麻葉繡球。日本では中国から渡来し、江戸時代初期から観賞用に栽培されてきました。帰化植物。4、5月頃、白色五弁の小花が、毬のようにかたまって並びます。
古典~現代短歌

【ニセアカシアの短歌】『7選』知っておきたい古典~現代短歌!

ニセアカシアは北アメリカ原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。和名はハリエンジュ。 花は甘い香りがし虫も沢山寄ってきます。蜜は「アカシアの蜂蜜」として売られています。また花房状に咲く白いの花は天ぷらにして食べることができます。花を酒につけ込んでアカシア酒、蜂蜜王国の長野県では74%の蜂蜜がハリエンジュ(針槐)の花から生産されています。
地域ニュース

西蒲区の観光スポットをめぐる『にしかん観光周遊ぐる~んバス』が楽しい

4月27日(土)~ 10月27日(日)までの土、日、祝日のみ運行しています。岩室温泉、新潟ワインコースト、彌彦神社などを周ります。左回り、右回りともに4便づつ、1日8便運行しています。
スポンサーリンク
古典~現代短歌

【風の短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

地球には気圧があり、大気は気圧の高いところから低いところへ向かって流れます。風は、押す力が強い空気(気圧が高い)と押す力が弱い空気(気圧が低い)がぶつかることで発生します。気圧差が大きければ大きいほど風が強く吹きます。気圧差は、低気圧が発達することなどで生まれます。風が様々なものを動かす時、風が見え、木の枝などが揺れて音が生じたとき、歌が生まれます。
古典~現代短歌

【酒の短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

3世紀の魏志『倭人伝』に「人性酒を嗜む」とあるからして、日本人が古くから酒を楽しんでいたことがわかる。その割に『酒』のつく詩歌は思ったより少ない。元来、酒は神に供えるものであった。その酒を宴席でふるまったのだそうだ。生活の中の酒では大伴旅人の『万葉集』に登場する有名な「賛酒歌」がある。
古典~現代短歌

くちびる【唇の短歌】『3選』知っておきたい古典~現代短歌!

口のふちの、薄い皮でおおわれた、やわらかい部分。 唇は角層が薄く皮脂腺がないため、自力ではバリア機能をつくれない、とてもデリケートな部位。 人が細やかな表情をつくる場合に大きな役割をしています。理性的にきりっとひかれる時もあれば、不満を表す場合にとがらしたりします。悲しみにふるわす時もあれば、官能的に赤く色なすこともあります。
古典~現代短歌

くちなわ【蛇の短歌】『5選』知っておきたい古典~現代短歌!

蛇の別名。 古来、その恐ろしい姿から神性を帯びた生き物として畏敬されてきた。また、ある一方では執心の象徴ともなっています。近代以降は、キリスト教の影響で性の誘惑のイメージが重ねられることも多い。
古典~現代短歌

【霞草の短歌】『4選』知っておきたい古典~現代短歌!

霞草(かすみ草)は、ナデシコ科、カスミソウ属の花で、地中海沿岸からアジアにかけて120種ほどが存在しています。英名では「Baby's breath(赤ちゃんの吐息)」と呼ばれています。 5月~7月にふわふわとした小さくて可愛らしい花を咲かせます。花の色は白色が有名ですが、ピンク色の品種も存在します。花壇は勿論、切り花や鉢植えにも似合います。
古典~現代短歌

【ダリアの短歌】『8選』知っておきたい古典~現代短歌!

ダリア(学名:Dahlia)は、キク科ダリア属の多年生草本植物。メキシコ(グアテマラ)の高原地帯が原産地で、日本には1841年にオランダから渡来。 ダリアは、豪華で力強く咲く大輪種から、優雅な中輪種や可憐な小輪種など、品種が非常に多いです。花形のタイプによって、代表的なデコラティブ咲き、弁先が細長くなるカクタス咲きなど、10数種に分類されます。 ダリアの開花時期は6月中旬から11月にかけてですが、日本の夏は高温すぎるため、8月は咲きにくく、9月以降に花をつけるものが多く見られます。
古典~現代短歌

【曼珠沙華(彼岸花)の短歌】『7選』知っておきたい古典~現代短歌!

ヒガンバナ科ヒメノカリス属の半耐寒性球根植物。西インド諸島が原産で、熱帯や亜熱帯で観賞用に広く栽培されています。日本には中国から渡来。彼岸花は「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」とも言われ、サンスクリット語で天界に咲く花という意味です。カミソリバナ、シビトバナの異名を持ち、短歌作品においても、しばしば異世界の象徴と表現されます。
スポンサーリンク